歯石を取り除くのはブラッシングでは無理

歯石は、口腔内に残った食べもののかすや細菌の死骸、唾液や血液中にあるカルシウムの塊が歯に固くこびりついたものです。歯石を取り除くのはブラッシングでは無理なので、歯科を受診して歯石取りをしてもらうのが一般的でしょうすぐ見える部分に付着している歯石は「縁上歯石」といい、歯肉の下に隠されていてすぐに見ることのできない歯石は「縁下歯石」といいます。
超音波式の機械で歯石取りをすることもあれば、医師が手作業で歯石取りを行なう場合もあります。

歯石のつき方や付着している部位にあわせて、さまざまな方法がとられるわけです。歯石は固くて取りにくいものですが、同じ歯石でも、比較的取りやすいものと、取りにくいものがあります。歯周病は、歯の周辺に炎症が起こる病気です。

虫歯のように激しい痛みがあったり、不快な症状があったりするわけではないので、気がつかないうちに進行していくケースがほとんどです。

歯石はいろいろな部分に付着するものですが、自分で歯石取りをする場合は、比較的取りやすい前歯の裏側を中心にするのが無難と言えます。忙しくてなかなか歯科医院を訪れることができないという人のために、自分で歯石取りをすることができるような道具も販売されているようです。
自分に合うものを使用するようにしましょう。

歯石というのは、プラークと呼ばれる細菌のかたまりが、唾液の中のカルシウムと結合して石のように固くなった状態のことをいいます。毎日きれいに歯磨きを実行しているつもりでも、歯の周囲というのは歯石が付きやすい部分です。すぐ見える部分に付着している歯石は「縁上歯石」といい、歯肉の下に隠されていてすぐに見ることのできない歯石は「縁下歯石」といいます。

歯石の除去に使うスケーラーには、いろいろな種類があります機械式のものもあれば、手で使うものもあり、どのような歯石を除去するかによって使い分けをすることになります。
一般的な歯石の除去方法は、まず大まかな歯石を機械式のスケーラーで除去し、それから細かい歯石や歯肉の下に隠れている歯石などを手用のスケーラーで除去するというものでしょう。
歯石は、放置しておくと歯周病の原因ともなってしまうものです。

歯石そのものは、特に悪影響を及ぼすわけではないのですが、甘く見ていると大変なことになりかねません。
歯周病を防ぐためにも、特に自分で異常を感じていなくても、定期的に歯科医院を訪れ、歯石の除去や口の中の状態のチェックをしてもらうのが良いでしょう。

歯石は簡単には取れないことが多いので、自分で歯石取りを行なう場合は慎重にするようにしましょう。歯石は、口の中のどの部位に付着しているかによって、2通りに分類されます。歯科医院で歯石取りをする際には、いくつかのやり方があります。
すぐ見える部分に付着している歯石は「縁上歯石」といい、歯肉の下に隠されていてすぐに見ることのできない歯石は「縁下歯石」といいます。歯ぐきと歯との間は、歯石ができやすい部分です。

ここに歯石がつくと隙間が生じ、さらにそこに歯垢がたまりやすくなってしまいます。歯垢に比べ、歯石は硬く、簡単には取れないものです。

歯ぐきと歯の間についてしまった歯石を普通のブラッシングで落とすことは、まず無理と言えます。外から見える縁上歯石は、超音波スケーラーで除去することが可能ですが、歯肉の下に隠れている縁下歯石は、キュレットタイプと呼ばれるスケーラーでないと確実に除去するのは難しいようです。
歯石のついている位置が歯肉の上なのか下なのかによって、歯石の取りやすさは違ってきます。口腔内の状態が悪くなってくると、歯肉の奥に歯石がつきはじめ、簡単には取れなくなってしまいます。歯周病がある程度進行しているような場合には、手術で歯石取りをすることもあるのです。また、歯石を一度に取ろうと焦ると口の中を傷つけやすいので、歯石取りは気長に少しずつゆっくりと行なうことが大切です。

歯を白くする歯磨き粉 ランキング